歯科衛生士求人サイトや専門学校で就職先を探した

歯科衛生士になろうと思った理由

私は子供の頃にクリニックへ行くことがとても怖いと思っていました。キーンと響く独特のドリルの音や、待合室まで響く子供の悲鳴が、私の恐怖心を目覚めさせました。クリニックへ行くことは絶対に嫌で、その分歯磨きを毎日しっかりするようになりました。クリニックに行かないことが、子供だった私のステータスでした。

ある日虫歯になり歯医者へ その時感じた歯医者への思い

しかし、あるとき私はついに虫歯になってしまいました。当時まだ小学生だった私は、虫歯になってしまった事実を受け入れられませんでした。けれども、虫歯は治療しなければならないことです。私は恐ろしいとずっと思っていた歯医者へ行くことになりました。

クリニックに緊張しながら行ってみると、優しそうな医師が診察をしてくれました。私はずっと怖いと思っていたクリニックが段々怖くなくなっていき、医師の優しさに触れて治療をすることを決めました。

実際に思っていたよりも怖いと感じることが無く、治療は無事に済みました。私は思い込みでクリニックに恐怖心を抱いていただけだったとわかりました。

歯科衛生士に影響を受け自分の将来を考え始めた

私が注目したのは、私が通ったクリニックにいた歯科衛生士の存在でした。そこの歯科衛生士は、小学生だった私に優しく歯磨きの指導をしてくれたり、いかに口腔内を綺麗に保つことが大切かを教えてくれました。

歯科衛生士は、口腔内の健康を守ってくれる存在だと知り、少しでも多くの人の口腔内の環境を清潔にするお手伝いが出来れば良いと思いました。そして、そこから私は歯科衛生士になりたいと思ったのです。

どのように求人を探したのか?

私が歯科衛生士になったとき、求人サイトで職場を探しました。

求人サイトには様々な職業や仕事の情報が集まっていたので、直ぐに就職先が見つかると思ったのです。また、私が歯科衛生士になるために勉強した専門学校でも、求人情報はたくさんありました。求人サイトを閲覧しながら、専門学校の求人情報も閲覧して、自分が働いてみたいと思えるクリニックを探しました。

就職先を決めたポイントは小児歯科があるかどうか

私が就職先を決めた理由は、小児歯科があるかどうかでした。

小児歯科は、子供の歯の健康を守ります。子供の頃から歯磨きの習慣をつけさせることで、歯を大切にする子供に育ちます。子供の歯を守ることで、将来その子供が大人になったときに口腔内を清潔に保つことが出来ます。

口腔内の環境を整えるためには、子供の頃からクリニックへ通う習慣が必要だと思いました。だから私は小児歯科があるクリニックに就職したいと考えました。

地元でも有名なクリニックに就職

私が就職した小児歯科のあるクリニックは、地元でも有名なクリニックです。地域に密着していることもあり、このクリニックに通う人は多かったです。クリニックに来た子供が怖がらないように、キッズスペースがありました。

そして、子供に歯を大切にすることを教える本やおもちゃもたくさんありました。私はここでなら歯を大切にする意味を子供達に教えることが出来ると感じました。

私が就職を決めたクリニックの院長は、長年子供の歯の健康を守ってきた実績のある人でした。ずっと子供の歯を守ってきて、子供が大好きというオーラを感じ取ることが出来ました。この人の下で働くことが出来たら、私も子供の口腔内を守ることが出来ると強く感じました。

院長はとても気さくな人で、部下である歯科衛生士にも積極的にコミュニケーションを取ってくれたので、クリニックはアットホームな雰囲気がありました。就職をしようと訪問をしたときも、快く受けてくれたので、とても良い印象を持ちました。

戸惑いながらも歯科衛生士として人生をスタート

私は歯科衛生士として働き始めました。最初は専門学校の実習とはやり方が違うこともあったり、その歯医者独自のルールがあったので、戸惑うことも多かったです。私なりに一生懸命職場に慣れようと努力をしました。まだ新人だったので、難しいと感じることもありました。先輩の歯科衛生士や事務員の人にも良く助けてもらいました。

子供と仲良くなることが子供の歯を守る近道

子供の歯を守るためには、子供と仲良くなる必要があります。クリニックが怖くて泣いている子供もいて、一生懸命あやしたりしました。なかなか言うことを聞いてくれない子供を相手に悪戦苦闘したり、イライラすることもありました。

頑張っても子供が心を開いてくれないこともありました。こういうときは、先輩の歯科衛生士に頼んで様子を見てもらったこともあります。

先輩の歯科衛生士から子供と接するときのポイントを教えてもらうことで、少しずつ子供の気分を落ち着かせたり、心を開いてもらえるようになりました。そのときは本当に嬉しくて、しっかりと仕事がしたいと思うようになりました。

子供も大変だけど大人も大変

子供だけではなく、大人の口腔内を治療することもありました。大人はタバコのヤニがついている人もいて、悪戦苦闘をすることがありました。中には私のやり方が下手だと文句を言う人もいました。

そのときはとても悲しくて、そしてとても悔しい思いをしました。もっと上手に口腔内ケアが出来るように努力しました。また、口腔内ケアをきちんとしていない人には、口腔内ケアがいかに大切かを伝えるようにしました。綺麗な歯を目指してくれるようになった患者さんがいたときは、心から嬉しいと感じるようになりました。

良いクリニックだったが忙しすぎた

私が働いていた歯医者はとても良い環境のクリニックでした。先輩の歯科衛生士は親切でしたし、努力したことを見ていて褒めてくれました。院長は仕事面での不安を聞いてくれましたし、アドバイスを細かくしてくれました。

地元では有名なクリニックだったこともあり、とにかく忙しいという点がデメリットでした。やりがいが感じられることは大切でした。

しかし、忙しさのせいで自分の時間を大切に出来なくなっていました。スタッフが足りていないことは明らかでしたが、経営の関係でスタッフはこれ以上増やすことは出来ませんでした。それでも毎日口腔内ケアの予約はいっぱいになってしまい、私は疲れ果てていました。

就職して 3年退職を決めた

こんなに疲れる毎日が続いていたら、体を壊してしまうのではないかと思うようになりました。子供の笑顔を見たいために一生懸命働いていましたが、3年間勤務をして退職をしました。

スタッフがもっといてくれていたら、私はプライベートと仕事の両立が出来たかもしれません。もっと余裕を持って仕事をすることが出来たら良かったと思います。これから結婚をしたいと考えたとき、このままでは婚期を逃してしまうのではないかという恐れがありました。仕事一辺倒になってしまっていたので、一度現場を離れる必要があると思いました。

一度離れた歯科衛生士 でもまた働きたいと思う

私は歯科衛生士の仕事はまたやりたいと思っています。今すぐに就職することは難しいですが、歯科衛生士の存在はクリニックに無くてはならないものです。私も子供の口腔内をまたケアしたいですし、子供の歯の将来を守りたいです。

今は結婚をして新生活が始まるということもありますので、もう少し生活が落ち着いてきたらまた別のクリニックを探したいと思います。そのときは、スタッフが十分足りているかや、育児休暇が取れるかどうかの確認をしたいと思います。

クリニックの評判を調べるために、口コミのチェックもするつもりです。実際にそのクリニックで治療をした人の声を聞けば、クリニックの内情が理解出来ると思ったからです。