憧れていた歯科衛生士はやりがいのある仕事だった

茨城県の某所で現在歯科衛生士をしておりますKと言います。

この度は私が歯科衛生士を目指したきっかけから、現在の職場についてのことなど幅広く書かせていただきます。私の文章を見て、少しでも多くの人が歯科衛生士を目指してくれたり、この仕事に興味を持っていただけるとありがたいです。

歯科衛生士を目指したきっかけ

私は茨城県で生まれ育ちました。公立の小学校中学校をでて、高校は商業高校へ行きました。商業高校であったことが影響し、手に職をつけてこの先を行きていこうという考えを持ったのが、高校一年生あたりであったと思います。

周りのみんなは資格試験の勉強をしたり、美容師を目指すことを決めたり、保育士になろうと短大へいくことにしたりと周囲の環境が大きかったのかもしれません。

そんな中で、なぜ私が歯科衛生士を目指そうと思ったのか。理由はとても幼稚なものですが、歯科衛生士さんはみなさんかわいい方を多いと普段から感じており、自分もあんな素敵な女性担ってみたいと考えたことがきっかけでした。子供の頃から虫歯やらなんやらで歯医者に行くことが多かった私は、いつしか歯医者で働くお姉さんたちに対する憧れを持っており、その姿を追いかけようとしたことがきっかけというわけです。

加えて、親からも歯科衛生士ならばこの先に困ることはないのではないかという感想ももらい、晴れて専門学校へと進んだという経緯になります。専門学校では必死に勉強をして、あまり遊ぶこともせず、ストレートで就職という運びになりました。

就職は案外簡単にできた でも・・・

たまたま知り合いのつてで今の歯医者さんに勤められることになり、とてもスムーズに就職が決まったという流れでした。今思えば、この知り合いのつてというものが私の人生のなかで一番大きい収穫であったかもしれません。そして今の職場で働き始めて今で5年になろうとしています。

ここからは今の職場に入ってからの大変な時期、そして日々の生活、最後に今後の予定という順番で書かせていただこうと思います。まず初めの一年間は人間関係や仕事、全てに悩んでしまったという一番の暗黒時代でありました。

知り合いのつてで就職したことが、すでになかの人に伝わっていたというのがことの発端でした。初日にはすでにベテランの方からの冷ややかな視線を浴びながらとおいうことで、非常にいづらささえも感じるような毎日でした。最初の仕事は先生のサポートや、簡単な歯石とりなどでしたが、毎回毎回先輩のチェックをもらいに先輩を呼びに行くという瞬間が一番辛かったかもしれません。

同僚の信頼を勝ち取るためにしたこと

私が勤めている病院では朝の9時までに病院にいれば大丈夫なので、この点に関しては非常に恵まれているのかなと思います。しかし一年目としてなんとか認められたかった私は、8時には病院につき、ゴミ捨てや掃除などの雑用を少しずつこなしながら、周囲からの信頼を勝ち取ろうとしました。

この作戦が功をそうし、2年目からは非常に過ごしやすい職場となりました。

完璧に思える仕事って意外と少ない

今まで大きなミスを犯したことはありませんが、強いて言うならば完璧と言える仕事が未だにできていないことが心残りです。

患者さんの歯石とりが代表例ですが、歯石とりを非常にいたがる患者さんと痛がらない患者さんがいるのですが、未だに見分けがあまりつかないのです。麻酔を打つことに抵抗がある人に麻酔をお勧めすることはできませんが、痛がる患者さんに麻酔をおすすめしないで歯茎を触って痛がられてしまった時は非常に申し訳のない気持ちになるものです。こういった細かい点が未だに足りない点であると感じてします。

他の仕事に関しても、たとえば唾を吸うこと一つをとっても、患者さんが苦しそうに嗚咽をする瞬間などに自分の至らなさを感じてしまいます。衛生士としてこれからもっともっと上達をしていかなければいけないと日々感じながら仕事に取り組んでおります。そして今後に関してですが、やはり結婚をして、それを機に一度仕事をやめたいと考えています。

出会いはやっぱり歯科医院内

今の職場には満足をしているのですが、やはり結婚というものに対する憧れが強いのが正直なところです。そして歯科衛生士という仕事柄出会いはどこで起こるのかというと、やはり職場なのです。歯医者の先生が他の病院からくることもしばしばあり、そのたびに衛生士の中ではやはり会話がなされるものです。

特に歯科衛生士は先生とタッグを組んで手術にとりくんだり、常に先生をサポートするということがしごとになりますので、先生の方も私たちと仲良くしやすいのではないかと勝手に考えております。

現在お付き合いしている方は、実際に他の病院とうちの病院を掛け持ちされている方であり、出会いもまさに病院内でした。こうして書いていると、歯科衛生士は暇なのかと思われるかもしれませんが、実際には夜と朝は比較的時間的な制約はないかと思います。これに関しては、勤められる職場によるというのが正答かもしれませんが、私の場合は9時から18時頃まで働いてあとはフリータイムといった形になります。これ以上充実した人生はないかもしれないと最近思うようになりました。

歯科衛生士と患者さんの関係性

ここまで、私の経緯などをかかせていただきましたが、ここからは歯科衛生士をしていて免れることができない患者さんとの関係について書かせていただきます。歯医者さんに行ったことのある方はわかるかもしれませんが、歯科衛生士と患者さんの距離も非常に近いです。

一度口の中をチェックするとなると、口の中に手を入れたりしなければなりませんし、特に頭の部分と衛生士の体が接触してしまう場面が免れません。こうした場合に、ごくたまに患者さんからデートに誘われたりするということも度々ありました。

こちらとしては、お仕事としてやっており、全くそういう気がないにもかかわらず、対応に困るというケースは月に一回以上はあります。しかし、こうして好意を持っていただける場合はとても嬉しいことです。一方で、逆の場合もあり、この逆の場合が私の中では一番嫌だと感じる部分であります。それは、患者さんに担当から外されるということです。

患者に担当が付くシステム

私の病院では患者さんに一人ずつ担当がつくシステムとなっているのですが、歯石とりで少し痛い思いをされたりすると、ごくたまに担当を外されてしまうということがあります。こうした場合が、衛生士をしていて一番情けない瞬間でもありますし、同時に心にダメージをくらってしまうことでもあります。

一度担当を外されても患者さんは病院にいらっしゃるので、顔を合わせるのがとても辛いです。もし私がこのお仕事をやめるとしたら、結婚することか、もしくは患者さんとの関係悪化ということになると思います。

歯科衛生士は非常にやりがいのある仕事

ここまで私のことについてたくさん書かせていただきましたが、歯科衛生士という仕事は非常にやりがいのある仕事でもあります。特に歯周病などに気付かれていない患者さんがどんどん健康になっていく姿や、虫歯が治ってやっとご飯が食べれるようになりましたなどという感想をいただいたときには、大きなやりがいを感じるものです。

自分が今まで学校で身につけた知識や、病院での経験を基にした対応をすることで患者さんの健康に少しでも力になれていると実感できる限り、この仕事を嫌いになることはないでしょう。このような私の体験を見てくれた人の中から、一人でも衛生士を目指してくれたり、この仕事に対して理解を深めてくれればとても嬉しいです。